初心者の方でも安心して株式投資が始められるように、基礎から応用までをわかりやすく解説をしていきます。

口座開設の流れ

基本的に口座の作り方はどこも同じです

さて、いよいよ口座を作る段階になってきました。実際に作る前に一般的な口座の作り方を確認しながら、流れをつかんでいきましょう。

証券口座開設の流れは、大手証券もネット証券もおおまか以下のような流れで手続きを進めます。

  1. 口座開設の申込用紙を証券会社に窓口、ネット、電話のいずれかで請求する。
    ほとんどの場合、大手もネット証券も会社HPから取り寄せることが可能。
  2. 用紙が証券会社から届いたら、同封されている重要書類(取引のルール、重要事項説明書など)
    に目を通した上で、必要事項を記入して、書名捺印する。
  3. 本人確認書類を準備し、同封される。架空名義の口座作成を防止するためです。
  4. 無事に取引口座が開設されると、証券会社から案内所や口座情報が記載された
    書類が届く。ネット証券の場合、取引用のログインパスワードが記載された
    用紙が届くはずなので、絶対に失くさず他人に見られないところに保管する。
  5. 証券口座にお金を入金する。お金をATMなどで振り込むと手数料が発生しますが、
    インターネット銀行を使うと手数料がかからない場合があります。
  6. 取引開始

証券会社に赴くよりも、公式ホームページなどから資料請求したほうが手間はかからないと思います。

ネット証券など、口座開設まで郵送による書類のやりとりが主になりますので、万が一書類に不備があればタイムロスになってしまいます。必要事項にはよく目を通すようにしてください。

証券口座へのお金の入金は、ネット銀行を開設した方が、毎回ATMなどで入金するよりも圧倒的に楽です。

主にネット証券で取引をするのであれば、同時にネット銀行の口座を開設されることを強くオススメします。

PAGETOP
Copyright © Hello 株式投資! | 株式投資入門サイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.