初心者の方でも安心して株式投資が始められるように、基礎から応用までをわかりやすく解説をしていきます。

キャッシュフロー計算書も大事な情報

聞きなれないけど、意外に大事なキャッシュフロー

たとえ利益が出たとしても、銀行への借金の支払い期日までにお金を返せなかったとか、売掛金を回収出来ずに手元にまったく現金がなければどうなるでしょうか。ちょっとしたことで、会社の経営が破綻してしまいかねません。

そうなんです。結局は企業が自由に動かせる資金が手元になければ、決して安全とは言いきれません。このような現金収支の情報をまとめたものがキャッシュフロー計算書です。

キャッシュフロー計算書を詳しく見てみる

キャッシュフローは3種類に分かれています。

  • 営業活動によるキャッシュフロー
  • 投資活動によるキャッシュフロー
  • 財務活動によるキャッシュフロー

営業活動によるキャッシュフローは、商売で生じたお金ですので、もちろん黒字でなければなりません。

投資活動によるキャッシュフローは、設備投資など積極的に会社の発展のために投資をしているかを表していて、数字がマイナスになる場合があります。

財務活動によるキャッシュフローは、借入れと返済など財務活動を表しているものです。

具体的な説明はしませんが、営業活動と投資活動のキャッシュフローを足して、黒字になっていることが大切です。

PAGETOP
Copyright © Hello 株式投資! | 株式投資入門サイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.