初心者の方でも安心して株式投資が始められるように、基礎から応用までをわかりやすく解説をしていきます。

業績は決算書で見ることが出来る

決算書が必要な理由は?

決算書とは、その会社の一年間の経営活動の成果をまとめ、会社の状態をまとめた報告書のようなものです。この決算書は、会社がどのような経営状態になっているのか、しっかりと利益が出ているのかといったことが分かりますので、投資家に限らず、取引先の会社、銀行にも必要になります。

まさか倒産しそうな会社と取引をしたり、お金を貸したりは出来ならば避けたいですよね!逆に将来性のある会社であれば積極的に関わりたくなるものです。同時に投資家は株式を取得したくなります。そういった情報を知るには決算書がなくてはならないです。

決算書はどんなもの?

上場企業にとって決算書は3種類あります。「貸借対照表」「損益計算書」「キッシュフロー計算書」の3つです。

「貸借対照表」は、企業が事業に必要な資金をどのように調達し、その資金をどのように運用しているのかを示しています。決算書には、決算日における企業の財政状態が示されます。

「損益計算書」は、1年間の企業活動によって得られた利益と、それを稼ぐために企業がかけた費用、その2つの差が利益として示されます。

「キャッシュフロー計算書」は、現金収支の状況をまとめた書類です。貸借対照表や損益計算書からはわからない資金の流れを読み取ることができます。

この3つの報告書には、それぞれ書き方、表記方法に一定のルールがありますので、それを掴んでしまえば他の会社の決算にも応用できます。

なお、それぞれの報告書の詳しい説明をするとまるまる一つのサイトが出来上がってしまいますので、お手数ですが、詳しくは投資関係のサイトや決算書に関わる書籍などをご参照ください。

PAGETOP
Copyright © Hello 株式投資! | 株式投資入門サイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.