初心者の方でも安心して株式投資が始められるように、基礎から応用までをわかりやすく解説をしていきます。

株式を持つ理由(株主編)

投資家はなんで株式を所有するの?

株式を所有するメリットについては
最初の記事で少し触れましたが、
もうちょっと具体的に見ていきましょう!
これを知ることで株式投資をしたいという
興味がきっと湧いてくると思いますよ!

株主ってどんな人

株式を所有している人を「株主」といいます。
株主は会社の経営に参加することになります。
なぜ株主と経営が関係するのでしょうか?

株式会社という組織は、以下のように構成されています。

  • 株主(資本家)
  • 従業員(労働者)
  • 役員(経営者)

株主は出資という形で経営に参加し、株主総会で
重要な決定に賛成や反対といった意思表明を
することができます。
また、出資額の範囲内で経営責任を
負うことになります。

たとえ会社が倒産したとしても、出資額は
帰ってこなくなったとしても、抱えていた負債など
返済義務を負うことはありません。

株主のメリット

さて、お待たせしました!
株主のメリットについて考えていきましょう。

まず、株主の権利を株主権といいます。
さらにこの権利を大きく二つに分けると、
自益権と
共益権になります。

自益権とは、利益の配分を得る権利です。
代表的なものは以下のようなものがあります。

  • 利益配当請求権→会社の利益などから分配を受ける権利
  • 残余財産分配請求権→会社が解散したときに、残った財産の分配を受ける権利

最初の利益配当請求権は魅力的です。
業績に応じて、配当金という形でお金を
受け取ることができるのです。

これってすごいことだと思いませんか!
株式を所有しているだけでお金がもらえるのです!
会社の業績がよく、配当金を支払うことが
決定された場合に限られますが、これは
株式投資をする上でとても大きな魅力です。

その他に新株差止請求権や株式転換請求権などありますが、
とりあえずは上記の二つをおさえていきましょう。

共益権とは、経営に参加できる権利です。
かといって毎朝出社するわけではありませんよ!
代表的なものに以下のようなものがあります。

  • 議決権→株主総会に出席し、会社が提出した議案に意思表明できる。

他にも、取締役等の解任請求権、帳簿閲覧権などありますが
保有する株式数によって行使できる権利が異なります。
より多くを保有する株主ほど、会社運営に関して大きな
影響力を持つようになります。

キャピタルゲインの魅力

株式投資のメリットについて、上記では権利の面から
考えていきましたが、これだけでは物足りないですね。
株主配当金はたしかに金銭を享受出来ますが、毎年必ず
支払われるという保証はありませんし、小額の可能性もあります。

株式投資の最大の魅力は、株式の売却益(キャピタルゲイン)です。
そうです。株式を他社へ売却して、その差益を得るのです。
不思議だと思いませんか?
実態のない権利を売買することで利益が発生するのです。
私が株式投資を始めるきっかけとなった理由も
この不思議な世界に魅了されたからでした。
大きな利益を生むこともあれば、
大きな損失を被ることもあり得ます。
それでも多くの投資家がリスクのある世界で凌ぎを削っています。
キャピタルゲインはそれだけ魅力的なものなのです。

株式の価格(株価)が上下する仕組みは
次章の基礎知識で詳しく考えていきます。

PAGETOP
Copyright © Hello 株式投資! | 株式投資入門サイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.