初心者の方でも安心して株式投資が始められるように、基礎から応用までをわかりやすく解説をしていきます。

株式を持つ理由(会社編)

会社はなんで株式を発行するの?

前のページでは、株式を持つことで得られる権利について
少し触れましたが、株式を発行する会社にとっても、
それを所有する投資家にとっても、メリットがあります。

では、どのようなメリットがあるか
それぞれの視点から見ていきましょう。

株式会社にとってのメリット

そもそも、なぜ株式を会社が発行するのか。
それは、資金を調達するために発行するのです。

前ページで株式とは証明書のようなものといいましたが、
株主に様々な権利を引き渡す代わりに、一定の金額を
出資してもらうことが可能となるのです。
これを直接金融といいます。

株式を発行して得た出資金は、
出資者に対して返済の義務がありません。
そのかわり配当金や議決権といった権利を
株主に引き渡さなければなりません。

欧米諸国ではこのように株式を発行して資金を
集める直接金融が主流であるといわれています。

銀行からお金を借りるという手段を使って
資金を集める場合もあります。
これを間接金融といいます。

銀行からお金を借りた場合は期日前にまでに
利子を付けて返却しなければなりません。

一見、お金を借りるよりも株式を発行して
資金を調達したほうが、利子も返済期日も
考えることなくていいこと尽くめのように
見えるかもしれません。
出来るならば直接金融で資金調達したいと
誰でも思うかもしれません!

しかし、考えてみてください。

出資を募る会社が、もし潰れかかっていたとしたら
快くお金を提供することができるでしょうか。
理由が無い限り、株式を引き受けることはしないでしょう。
ただでさえ出資者に返済義務が無いのに
倒産して株式が紙屑になる可能性がある会社から
出資して株式を受けとるのはあまりにも危険です。

つまり株式を発行して資金を調達できる会社は
一定の要件を満たしていると考えられます。
例えば…

  • 会社の経営状態が良好
  • 今後も成長性が見込める
  • 知名度がある

あと仕組みの違いから、有限会社や合名会社と
いった組織は株式を発行することが出来ません!

PAGETOP
Copyright © Hello 株式投資! | 株式投資入門サイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.