初心者の方でも安心して株式投資が始められるように、基礎から応用までをわかりやすく解説をしていきます。

東インド会社の設立

株式会社の起源

よく株式投資の入門書のコラムなどにも出てくる有名な話として、株式会社の起源が東インド会社であったと言われています。たしか映画にも出てきたことあったような…。

様々な諸説がありますが、この会社は1602年にオランダで設立されたといわれています。

当時のヨーロッパで貴重だったコショウなどの香辛料や絹織物などをアジアで入手して、それをヨーロッパで売っていました。まさに貿易会社ですね。

沈むことなく無事に貿易をすることができればそれだけ大きな利益を得ることが出来ますが、万が一船が沈んでしまったり、海賊に襲われてしまったら大きな損害を被ることになります。

無論、これら一連のサイクルを一人の出資者でまかなうことが出来れば、それだけ大きな利益を手にすることが出来ますが、その分のリスクも大きくなってしまいます。

そこで登場したのが株式です。つまり、小口の資金を大勢の人が出し合うことでリスクの分散が可能となったわけです。資金を出してくれた人にはそれを証明する株式を発行すればよいのです。

これが株式及び株式会社の起源といわれています。なぜ、株式が誕生したのか、その背景がわかりましたね。経済的なリスクは回避したいという願いと投資に参加する敷居を下げるという願いがあったからこそ株式という仕組みが誕生したでしょう。

PAGETOP
Copyright © Hello 株式投資! | 株式投資入門サイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.