初心者の方でも安心して株式投資が始められるように、基礎から応用までをわかりやすく解説をしていきます。

資産を守るため、戦うこと

止まらない不況、増税

この記事を書いている2011年、世界はいまだかつて無いほどの経済的不安を抱えています。

大国アメリカの国債の格下げ、連日報道されるヨーロッパ諸国の深刻な経済危機、為替相場で一向に収まる気配の無い円高、リーマンショックから約3年が経ちましたが、経済の安定はまったく目処がたっていません。

日本に目を向けてみれば、これからやってくる大増税の時代を予感させる消費税引き上げのニュースは毎日のように報道されています。
ただでさえ景気が悪いのに、増税をせざる負えないという負のスパイラルが永遠に続いています。

そして社会の根底に深く根付いてしまった「デフレ」という問題。物価が下がることは、同時に生み出される利益も減るのですから、労働者に支払われる給料も少なくなります。消費者の購買意欲が下がってしまえば、物価が下がったところで商品が必ずしも売れるとは限らないのです。

このような深刻な問題を抱え、一体世界はどこに向かうのでしょうか?

経済的不安から、自分で身を守ること

もうそろそろ分かってきたころだと思います。

結局、国や政府は国民を守ってはくれないのです。それどころか、今の世の中にした責任が仮に政府にあったとしてもその尻拭いは私たち国民にさせようと仕向けられています。

給料も上がっていく保証もありません。国民の負担が今後ますます増えていくならば家計がまったく成り立たなくなる日も遠くはありません。

であるならば、自らの力で家計を守るしかありません。その手段として、私自身、株式投資を実践しながら家計を少しでも楽にしようと努力をしています。

実は家計も、月々の収入と支出を差し引いて残ったお金(利益)がなければ成り立ちません。今後、生活負担と収入減が不可避であるならば、いつかは家計が赤字になってしまうことは避けられません。ですが、株式投資をすることで、少しでも利益を上げることが出来れば、生活は楽になる可能性がありますよね!

株式投資はお金にがめついイメージがありますが、実は上手にすれば自分たちの生活を少しでも潤いを与えることができるのです。ただし、損をすることだってありますのでご注意を!

なんども言うようですが、株式投資は勉強と実践を繰り返して経験を積んでいくことで、損をする可能性をぐっと減らすことが可能になると言われています。

株式投資はギャンブルなのか?

まわりでよく「(株式)投資はギャンブル」と言う人はいないでしょうか?確かにギャンブルの要素はあるかもしれませんが、そう言いきれる根拠はどこにもないはずです。

ギャンブルであるならば、なぜ世界にはウォーレン・バフェットやジョージ・ソロスのように投資で富の頂点を極めるような人物がいるのでしょうか。逆にギャンブルで莫大な富を維持しつづける人がいるのでしょうか。

私にはどうしても株式投資がギャンブルなどとは思えないのです。将来性のある会社を選び、資金を出資することが、カジノのルーレットに決められた数字にお金を賭けることと同じと言えるのでしょうか。

株式投資は、出資しようとしている会社のビジネスの発展性、会社の財務状況、経営者の人柄といった様々な要素が作用し、結果が出てくるのです。もちろん、経済状況といった外部的要因も大きく影響を与えますが、まず前提なるのが一つ一つの会社という一個の組織です。それを自分なりの視点で見定め、その可能性を見出していくことがギャンブルと同じものであるというのは少し理解しがたいと思います。

株式投資をするなら、社会貢献のためにやろうなどと、そこまで気負いする必要はありませんが、自分たちの生活を守る手段の一つとしてぜひ考えてください。

PAGETOP
Copyright © Hello 株式投資! | 株式投資入門サイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.