初心者の方でも安心して株式投資が始められるように、基礎から応用までをわかりやすく解説をしていきます。

指値注文と成行注文

株の取引で株価が決まっていく

たとえば、A社の株価が1000円の株式が一つあったとしてBさんとCさんがそれを欲しがっているとします。

Bさんは1000円で買い注文をしましたが、一方のCさんは1050円で注文しました。さてA社にとってはどちらに株式を売りたいと思いますか?

Cさんのほうが高く株式を買い取ってくれるわけですから、1050円でCさんの手に渡るのが自然ではないでしょうか。株式はこのように現在提示されている株価に対して、多くの投資家が売買代金を提示しながら取引が成立していきます。

指値と成行

株式を投資家が売買する値段を指定することを「指値」と言います。上記の場合、Aさんの(売り)指値は1000円、Bさんの(買い)指値は1000円、Cさんの(買い)指値は1050円となります。売りも買いもどちらも指値ですね。

一方、値段を指定せず、いくらでもいいから売買したい場合は、「成行」で注文します。

この方法を使えば、ほぼ確実に取引は成立しますが、場合によって予想以上の高値および安値がついてしまう可能性がありますので、注意が必要です。

どちらを選ぶべきか

売買注文をするときはどちらか一つを選択しなければならないので、場合に応じて使い分けなければなりません。

指値を選ぶ場合は、とにかく急務な取引を要するわけではなく、自分の中で株価がいくらなら取引したいというイメージがある場合がオススメです。

指値は希望どおりの取引が見つからなければ成立しないので、チャンスを逃してしまうこともありえます。

成行注文はとにかく今すぐに取引を成立させなければならない場合に有効です。

たとえば、なんらかの要因で注文が殺到して値動きが非常に激しいケースなどは、指値では売買成立が困難です。こういった場合は成行で注文すれば、値段は予測できなくとも、取引だけはほとんど成立させることが可能です。

まず、株式投資を始めたばかりであるなら、指値注文をメインで売買をしたほうが安全です。

PAGETOP
Copyright © Hello 株式投資! | 株式投資入門サイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.