初心者の方でも安心して株式投資が始められるように、基礎から応用までをわかりやすく解説をしていきます。

株式市場全体に影響を与えるもの – 為替

為替って何だっけ?

円高や円安が与える影響の前に、まず為替とは何かを簡単に考えてみましょう!

ここでいう為替は、自国と他国のそれぞれが使用している通貨を互いに交換した場合のレートと考えてください。本来の意味は少し違うのですが、投資をする際にはこのような解釈でとらえるとわかりやすくなります。

円高と円安って何だっけ?

ニュースで円相場はいくらなのかといった報道がなされますが、経済にも株式市場にも円相場は大きな影響を与えます。円高か円安かといったことが連日話題になります。

円高とは、外貨(ドル)よりも日本円の価値が高い状態円安とは、外貨(ドル)よりも日本円の価値が安い状態なぜ多くの場合、ドルを基準に円相場が決まるのか。それは現在ドルが世界の基軸通貨になっているためです。

円高は日本の経済に打撃を与えるといわれています。たとえば、トヨタのような自動車産業は、海外に自動車を輸出しているために円高の影響を大きく受けます。日本はそもそも大企業には輸出企業が多いので、そういった企業群の業績が悪くなることは、日本経済全体にも悪い影響を与えることになるでしょう。リーマンショック後、急激な円高経済になって以来、輸出企業は大きな打撃を受けました。

円安になると、日本製品が海外で安くなるために、よく売れるようになります。日本に輸出企業が多いため、円安になればそういった企業の業績は全体的に上がるようになります。すると円安に関連する企業の株価が上がります。

円高も円安も、日本経済に良くも悪くも大きな影響を与えます。自分が投資している会社がどちらの影響を受けるのか、一つの投資要素になります。

PAGETOP
Copyright © Hello 株式投資! | 株式投資入門サイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.