初心者の方でも安心して株式投資が始められるように、基礎から応用までをわかりやすく解説をしていきます。

日本の証券取引所

証券取引所は一つだけじゃない!

株式市場を形成する証券取引所は、日本国内だけでもいくつか存在します。

有名なものが「東京証券取引所」や「大阪証券取引所」などがあり、その他にも「札幌証券取引所」「名古屋証券取引所」「福岡証券取引所」「ジャスダック証券取引所」があります。東京証券取引所と大阪証券取引所には、さらに1部・2部という分類があり、上場基準に違いがあります。

中でも東京証券取引所は、国内の取引高の約9割を占めており、ニューヨークやロンドンの取引所と並んで大規模な取引高から、世界三大証券取引所といわれています。
ただし、近年のアジア株の勃興から、取引所の規模にも変化が起きているようです。

ベンチャー企業を支援する新興市場

上記の6つの証券取引所のうち、「ジャスダック証券取引所」は比較的近年に、証券取引所として取引業務を開始しました。もともとは店頭市場といわれるような、証券取引所を通さずに証券会社の店頭で売買されている市場でした。扱われている企業の株式は、新興市場といわれるだけあって規模や発行済株式数が少ないベンチャー企業が中心です。

その他にも新興市場と言われる市場としては、「東証マザーズ」「大証ヘラクレス」などがあります。将来の成長が見込まれるベンチャー企業に資金を提供する場を与えています。

こういったベンチャー企業を中心とした株式市場の株価は、非常に値動きが激しく、大変リスクのあると言えるでしょう。株式投資を始めて直後であれば、あまり購入をおすすめしません。

PAGETOP
Copyright © Hello 株式投資! | 株式投資入門サイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.