初心者の方でも安心して株式投資が始められるように、基礎から応用までをわかりやすく解説をしていきます。

株式市場ってなに?

株式の市場が存在する!

前の記事で、株式市場とはどのようなものなのか、そこに関わる人たちを例にとって説明しました。もう少し具体的に見ていきましょう。

株式市場は「発行市場」と「流通市場」で構成されています。

発行市場は、企業が増資などによって資金調達をする場です。株式を発行するのは企業(国などの場合もあります)ですが、その発行された株式を上場あるいは公開し、これを証券会社を通じて売り出しを行い、投資家に購入してもらうことによって、資金調達をしているのです。

流通市場は、発行市場で株式が投資家の手に渡り、証券会社などを通して投資家同士の間で株式が取引されている市場を指しています。一般的にはこの市場で株取引をすることになります。具体的には証券会社、インターネット証券などがあります。

この二つがうまく機能することで株式市場が機能しています。日本において、株式市場の大きな役割を担っているのは東京証券取引所や大阪証券取引所といわれる証券取引所の存在です。他にも取引所は存在し、それぞれ性質が異なっています。

PAGETOP
Copyright © Hello 株式投資! | 株式投資入門サイト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.